noelと私の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

供血

もし、あなたのワンコが怪我や病気になって、輸血が必要になったらどうしますか?

以前、かかりつけの獣医さんに患者さんで輸血が必要になった場合はどうしているか?聞いてみました。
獣医さんの所にも、看板犬のサルーキがいるので、その子からもう事もあるけれど、ほとんどの場合、飼い主さんはそこまでの治療を望まないのだそうです。
少しびっくり。
でも、もし輸血をすれば治るんだったら、当然輸血を希望すると思いますが?
地元にはそういうネットワークは存在しないのだそうです。

関東あたりだと、動物病院が、ドナー犬登録を募集している所もあります。
もし、供血したら、お礼に、供血したワンコの血液検査の無料や、フラリアの割引などがあるそうです。
医療格差がペット界にもあるのか・・・。

とりあえず、
かかりつけの獣医さんには、うちの犬と猫はいつでも供血に協力すると、言ってあります。

個人でネットワークを発足するほどの、根性と脳みそを持ち合わせていないので、他のワンコに何かあった時に、うちの犬猫が協力して、それが何かのきっかけになるといいのですが・・・。

供血犬のことを知ったのはこちら

犬猫にも人間と同じで、どの血液でもOKというわけでなくて、クロスマッチテストをして、マッチしたコからしかもらえません。
それに、小型犬はまだいいかもしれないけれど、うちはチビでも大型犬。
それなりの量の確保が必要になってきます。

自分の仕事柄、ドナーの必要性は痛いほど感じています。
これを読んだ方で、もしあなたのワンコに輸血が必要になったら、
連絡くださいね。
ノエルが具合が悪くない限り、必ず協力しますから。good noemama
スポンサーサイト

回復的文章

回復


管理者對此表示許可

Trackback

http://noeldog.blog70.fc2.com/tb.php/265-56ca7459

 | HOME | 

メッセージロボ


プロフィール

ノエママ

Author:ノエママ
フラットコーテッド・レトリバーの
ノエル♀6歳とノエママのブログです。


最近の記事


Myサンゴ


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ


クリックしてね♪


RSSリンク


カウンター


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter on FC2


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


よろしかったら、ポチっと

FC2ブログランキング


ノエママに内緒話したい時は

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。